スポンサードリンク

2010年12月06日

東京都内プチ登山:冬の高尾山ハイキング、そしてうかい鳥山

秋の残り香を感じる高尾山を行く



冬の高尾山、ここがオススメ!
・人気シーズンと比較すれば人出が減る。
・寒い季節に気持ちの良い汗がかける。
・他の季節と比べ、山頂で富士山が見える確率が高い。

2010年12月6日月曜日、高尾山に行ってきた。

リフト駅前。この時点で12時過ぎ。15時からいつもの「うかい鳥山」で食事を予約していたため、リフトを使うべきか悩む。
CIMG1606.jpg

が、下から歩いて登る事に決定!1号路を進む。1号路は序盤の急勾配が割とシンドイ。高尾山を「チョットした丘」感覚で初めて来た人は泣きを見そうだ。
CIMG1608.jpg

序盤の急勾配を登り切ってリフト乗り場が見えたら、後は頂上まで鼻歌交じりで登れる。

紅葉も少し残っていた。
CIMG1613.jpg

薬王院に到着。以前は無かった、くぐると願いが叶う石の輪が出現…。来るたびに新しいオブジェ等が増えているので、儲かっているのか〜と、微笑んでしまうのは僕だけか。
CIMG1617.jpg

平日なのに結構人がいる。師走だな、といった風情。
CIMG1618.jpg

CIMG1619.jpg

CIMG1620.jpg

落ち葉を踏みしめて歩く。
CIMG1624.jpg

頂上へ。この日は残念ながら富士山は見えなかった。
CIMG1626.jpg

帰りは稲荷山コースを使って帰る。往復で色々なコースが選択できるのは本当に良い。飽きないから。
CIMG1630.jpg

落ち葉をサクサク鳴らしながら歩くのも気持ちが良いものだ。
CIMG1633.jpg

CIMG1632.jpg

下山し、高尾山口駅前から無料送迎バスで「うかい鳥山」へ。

自在焼きコースを選択。庭園を見ながらの鳥や岩魚など、まさに至福の時。
CIMG1638.jpg

CIMG1640.jpg

食事後は庭園をぶらり。何だかんだで2時間くらい滞在してしまった。いつ来ても、ここの浮世離れした佇まいはとても良い。都心で慌しい生活をしている事をフッと忘れる事が出来る。「値段が〜」などと言うのは野暮というもの。付き合いの飲み会を1、2回我慢すれば行けると思えば安いものだ。
CIMG1642.jpg

CIMG1647.jpg

CIMG1649.jpg

おまけ。2010年2月27日の高尾山。このときは雪が積もっていた。同じ冬でも行く時期により様々な表情を見せてくれる。ちなみに雪の高尾山はスニーカーでハイキング気分で行くと滑って危険だ。実際にレスキューに運ばれている人も見た。アイゼンなど装備万全で行きたい。
CIMG0024.jpg

CIMG0028.jpg

CIMG0030.jpg

【アクセス】
京王線高尾山口駅から徒歩

【時間の記録】
11:58高尾山口駅
12:08リフト乗り場清滝駅を横目に一号路へ
13:00薬王院着
13:19高尾山頂着
14:23リフト乗り場清滝駅前着
※往復ともにリフト使わず。うかい鳥山を予約していたためハイペースでの登山となった。

【また行きたい度】
★★★★★
次回は姉妹店(?)のうかい竹亭にも行ってみたい。こちらも高尾山口駅から無料送迎バスが出ている。

東京(近郊)おすすめ散歩スポットでプチ旅気分 目次へ

ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
posted by たーま at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 冬のおすすめ散歩スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。