スポンサードリンク

2010年11月20日

東京都内紅葉穴場散歩:錦秋の秋川で紅葉に酔う

東京都内紅葉穴場探訪:錦秋の秋川で紅葉に酔う



秋の秋川、ここがオススメ!
・澄み渡る清流。相変わらず東京都内とは思えない自然景観。
・広徳寺の2本のイチョウは存在感抜群。まるで京都の嵯峨野のよう。
・紅葉に色づく山々は何とも言えない風情。
・駅前のレンタサイクル「グリーンチャージ」に電動自転車有り。散歩だと行動半径が小さい…でも坂の多い場所でのサイクリングは体力的にしんどい…そんな悩みを解決。

2010年11月20日土曜日。5月に引き続き、秋川へ行ってきた。目的はもちろん紅葉狩りだ。

が、あろうことか、デジカメがバッテリー切れ。というわけで、使い捨てカメラ&携帯画像でお送りします。画像が荒いのはご容赦下さい…。
※携帯画像は後日UP予定です。

武蔵五日市駅の目の前から、早くも秋色の山々が迫る。期待に胸が膨らむ。
FH000026.jpg

5月にお世話になったレンタサイクルグリーンチャージに向かう。前回の反省(坂道でギブアップ寸前)を踏まえ、今回は電動自転車をチョイス。

相変わらず心が洗われる清流。水の青。紅葉の赤。黄色。美しい。
FH000021.jpg

FH000018.jpg

秋の田園風景。
FH000020.jpg

FH000017.jpg

広徳寺に到着。境内へは坂が続いており電動自転車の有難さを実感。坂道の途中で良い景色が見えたとき、再出発がラクだから気軽に立ち止まることが出来る。

境内に入ってさっそく目に飛び込んだのは、山門の傍の、2本の大イチョウの黄葉。上を見たら空を覆う黄色、下を見たら黄色の絨毯。境内はそこまで広くないものの、萱葺きの山門など雰囲気はとても良い。
FH000015.jpg

カエデらしき紅葉はこれからといったところだったが、赤くなる頃にはイチョウは散ってしまうだろう。赤と黄色のコラボレーションも見てみたかった。

広徳寺を後にして、前回行きたかった払沢(ほっさわ)の滝へ向かう。橋の上からパチリ。
FH000012.jpg

真っ赤!
FH000011.jpg

途中、レンタサイクルのおばちゃんに教えて貰った「ほうとう佐五兵衛」でほうとうを食べる。ちょっと並んだがやっぱ寒い季節のほうとうは格別!

腹も膨れて出発。秋の色が濃い風景。
FH000010.jpg

払沢の滝に到着。滝自体にはそこまで感動はしなかったが、駐車場付近などの紅葉が素晴しく、思わず「おおっ」と声が漏れる。
FH000008.jpg

帰りは前回同様、乙訓(おとくに)おやき店でおやきを食べて帰る。薄い独特の皮と塩気の効いたアツアツのあんこが体を暖めてくれた。

おやきのおばちゃんにしてもレンタサイクルのおばちゃんにしても、皆、話し好き。そんな他愛無いやりとりが、やっぱり何だか楽しいと再確認。

なお、払沢の滝への道は交通量が多く、大型トラックも結構通る上に、歩道が無い場所も。自転車で行くのは少し怖かった。おやきのおばちゃん情報だと、土曜より日曜のほうが多少トラックは減るようだが…。次回来たときは、交通量の少ない見所をレンタサイクルで紹介して貰おう。

ご参考:レンタサイクル「グリーンチャージ」HP
ご参考:5月の秋川渓谷のレポート

【アクセス】
JR五日市線終点、武蔵五日市駅前のレンタサイクルより自転車で。

【時間の記録】
12:00レンタサイクル「グリーンチャージ」発
12:20広徳寺着
12:55広徳寺発
13:15佐五兵衛着
14:00佐五兵衛発
14:50払沢の滝入り口着。ここから自転車を降り、徒歩で滝へ。
15:00払沢の滝着
15:20払沢の滝入り口発
15:50乙訓おやき店着
16:10乙訓おやき店発
16:30グリーンチャージ着

【また行きたい度】
★★★★☆
秋も快適なサイクリングだった。四季折々楽しめる秋川だが、
個人的には春の華やかさには抜群に感動した。
春の秋川のお散歩記事。
初夏の秋川のお散歩記事。
アジサイの秋川のお散歩記事。

東京(近郊)おすすめ散歩スポットでプチ旅気分 目次へ
posted by たーま at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 秋のおすすめ散歩スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。