スポンサードリンク

2010年05月18日

東京都内新緑散歩コース:秋川渓谷、レンタサイクルで東京都内の清流満喫

東京都内新緑探訪:秋川渓谷、レンタサイクルで東京都内の清流満喫



秋川渓谷、ここがオススメ!
・山の緑、清流の透明度など、東京都内とは思えない自然。
・観光スポットが点在。払沢の滝、三ツ合鍾乳洞などなど。
・春の桜、夏の清流、梅雨のアジサイ、秋の紅葉、冬の温泉。四季折々の楽しみ方が出来そう。
・東京都内では珍しい、山里をレンタサイクルで疾走できるスポット。
・蕎麦屋やおやき屋さんが点在。

JR五日市線の終点、武蔵五日市駅を降りて、ちょっと歩く。すぐに青々とした山と、清らかな流れがお出迎え。河原では人々が楽しげにバーベキューをしている。
CIMG0632.jpg

駅方面に戻り、駅前のレンタサイクル「グリーンチャージ」で自転車を借りる。電動自転車はちょっと値段が高いなァと思い、普通自転車を借りるのだが、これが後々裏目に出る事に。

東京都内の鍾乳洞と言えば日原が有名だが、聞いた事のなかった三ツ合鍾乳洞を目指すことに決定。

美しい山里の風景を横目に駆けるレンタサイクルはこの上なく心地良い。
CIMG0638.jpg

道中、「いっすい」というコンニャク屋さんに寄ってみる。みそおでんコンニャクを食す。ん、うまい。
CIMG0643.jpg

CIMG0645.jpg

国際マス釣り場を通過。マス釣りは賑わっていた。にしても、都内とは思えないこの水の色。鍾乳洞を目指す道中、川と並走する場面が多く、心が洗われる。
CIMG0647.jpg

CIMG0648.jpg

山はどんどん深くなり、坂も続く。し、しんどい。たまらず自転車を押して歩いたり。
CIMG0651.jpg

CIMG0669.jpg

駐車場に自転車を止めて歩く事15分。三ツ合鍾乳洞に到着。入場料を払って中へ。

せ、狭い。身を小さくしながら進んでいく。閉所恐怖症じゃないが、ちょっとコワイ。けど、中はヒンヤリ。汗がスッと引っ込む。鍾乳洞の規模は小さかったが、少しの探検気分も味わえた。※洞内は許可を得て撮影しています。
CIMG0660.jpg

CIMG0663.jpg

鍾乳洞を後にして、来た道を戻る。行きは地獄の自転車だったが、帰りはとてもラク。快調快調。良い年して、思わず「ひゃっほう」、と言いたくなる。

昼飯に、やまざき酒舗で春野菜などを使った定食を頂く。美味しかったが、沢山食べる人には少し物足りないかな?
CIMG0671.jpg

CIMG0673.jpg

CIMG0674.jpg

CIMG0676.jpg

ということで、乙訓(おとくに)おやき店というおやき屋さんに行って、おやきも食べちゃいました。餡子しか売っていないが、なかなかに美味。
CIMG0683.jpg

CIMG0686.jpg

その後、カキ氷も食べて、蕎麦屋でお買い物して、レンタサイクルに帰還。ここのおばちゃんがまた話し好きで、色々と見所などをアドバイスしてくれる。こんなところもまた、田舎っぽくもあり、旅情を感じるのであった。

ご参考:レンタサイクル「グリーンチャージ」HP
ご参考:紅葉の秋川探訪レポート

【アクセス】
JR五日市線終点、武蔵五日市駅前のレンタサイクルより自転車で。

【時間の記録】
10:22 レンタサイクルグリーンチャージ発

10:55−11:03 いっすいでコンニャクを食す

12:05−12:30 三ツ合鍾乳洞探検

13:10−13:55 やまざき酒舗にて昼食

14:10−14:25 乙訓(おとくに)おやき店でおやきを食す

14:45 マルイチヤにてカキ氷を食す(店前のベンチで)

15:05 お蕎麦屋さん立ち寄り

15:08 レンタサイクルグリーンチャージ着

【また行きたい度】
★★★★★
秋川は他の季節もオススメ。特に春の華やかさは格別。詳しくは下記散歩日記をクリック。
秋の秋川の記事
春の秋川の記事(ぜひ後編までご覧下さい)
アジサイの秋川の記事

なお、レンタサイクルについて、盆地だからどこに行くにしても登る。節約志向の方、体力自慢の方以外は電動自転車を勧める。また、コースによっては歩道がなく、車道を走ることになるので注意が必要だ。

東京(近郊)おすすめ散歩スポットでプチ旅気分 目次へ
posted by たーま at 06:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夏のおすすめ散歩スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。